このページは、茶花、生け花の花材に使える花、趣味の植物や庭木等を紹介するページです。
毎年花や実が付いた時に紹介する予定です。

内斑鳴子百合 百合科
 百合科は大きな科で、約250属3,700種を含んでいる。
 多年生の草本を主とし、世界中に分布していて、高山の寒冷地にも、砂漠の乾燥地にも良く適応している植物である。

アマリリス 彼岸花科
 彼岸花科は約70属1,390種を含んでいる。
 南半球のアフリカ亜熱帯地方から北半球のユーラシア大陸温帯地方まで分布している。
 花の構造や生態が百合科に似ていて、外花被3枚、内花被3枚で鱗茎があり線形の葉を根生するものが多い。

山芍薬 牡丹科
 牡丹科は牡丹属1属で約50種を含んでいる。
 主にユーラシア大陸温帯から亜寒帯に分布し、一部が北アフリカや北アメリカの西海岸に分布している。
 牡丹のような木本生のものと、芍薬のような草本生のものとがある。

蓮 蓮科
 蓮科は蓮属1属でアジア地区の東洋種と北米地区のアメリカ種の2種がある。
 東洋種の花色は紅色から白色であるが、アメリカ種は黄色であるのでキバナハスとも呼ばれている。
 花蓮の栽培は日本や中国ではかなり古くから行われており、江戸時代には100種類近くが有ったと言われている。
 近年はアメリカでも品種改良が進んでいるそうです。

慈姑(クワイ) 沢潟(オモダカ)科
 沢潟(オモダカ)科は15属88種で多くは溜め池や水田など、湿地に生育し、分布はアジア、南北アメリカ大陸と広範囲に及ぶ。
 種子で繁殖するほか、塊茎や栄養芽などで繁殖するものが多く、大きさは数p程度から1m近いものがある。
 慈姑(クワイ)のように食用や、サジ沢潟のように薬用にも用いられる。

藪椿 椿科
 椿科は約30属480種あり、おもに北半球の熱帯、亜熱帯に多く、温帯に少数ある。日本は分布の北限に近い。
 日本には椿属、夏椿属、姫椿属、木斛(モッコク)属、ヒサカキ属など、7属20種が野生しており椿属は美しい花を咲かせ、 栽培も盛んな植物である。

赤星石楠花 躑躅(ツツジ)科
 躑躅科は約82属2500種あり、おもに南北半球の温帯、寒帯に分布するが、亜熱帯や熱帯の山地にも産する。
 日本には22属91種が野生しており、このうち躑躅属は躑躅や石楠花の仲間など43種で一番多く、美しい花を咲かせ、 栽培も盛んな植物で躑躅科の代表である。

岩石蘭 蘭科
 蘭科は非常に大きな科で、約730属17,000種を含んでおり、その分布も両極地方と砂漠を除いた全地域に広がっている。
 日本にも83属227種あり、美しい花が咲くので世界的に盛んに栽培されている植物である。  

南蛮煙管 浜靫(ハマウツボ)科
 浜靫(ハマウツボ)科は約14属150種あり、その大部分が北半球の温帯地域に分布している。
 寄生性で葉緑素を無くしているか、わずかに持っている一年草又は多年草である。  中でもススキなどに寄生する南蛮煙管は有名で、良く栽培されている。

黄花宝山 サボテン科
 サボテン科は約170属1,200種あり、そのほとんどが南北アメリカ大陸にだけ分布している。
 多肉の傾向が強く、乾燥によく耐えるので熱帯の砂漠植物と思われることが多いが、 ジャングルの樹上や草原の岩場、雪が降る高山にも自生している植物である。

ストレリチア その他の科
 学生時代はサボテンを中心に育てていましたが、社会人になってからは特に決めたものはなく、 色々な植物に興味を持ち、育てやすいものを優先に育てています。
 一つの科で5〜6点の写真が貯まったらページを分けていく予定です。


雅寿庵掲示板 私の近況報告 懸釜の予定 稽古風景 華展の様子 待月会茶会 その他茶会 羅漢会の紹介
雅寿庵の灰 教授の紹介 自宅地図 送信フォーム わが家の動物 わが家の植物 お気に入り

トップページへ戻る