このページは羅漢会の紹介と会員が主催するお茶会の様子を報告するページです。

羅漢会は昭和59年1月に発足しました。当時の案内状の一文です。

羅漢会茶会発足の御知らせ
禅家には祇管(しかん)という言葉がある。
ただひたすらにという意味であろうか。茶道、華道、剣道等、日本古来道の極意とされている。
祇管に茶を点じ喫茶することは簡単ではあるがとても到達できるものではない。
故にそこまでに至る為に作法がある。作法通りに茶を点じていく中で祇管という極意を修行するのである。
この祇管の実践者に羅漢様がいる。羅漢とは解脱をめざす永遠の修行者である。 超俗の仏でなく、また俗世において生のしがらみに生きる人間でもない。 禅寺にいる奇妙な人間の群像一人一人が、まったくひとくせもふたくせもあるかの如き 奇妙な姿をしている人間たち、それが羅漢様であるという。
今、お茶を愛する男達が集まって個々で思いどうりの茶席を開くことができました。
この会を永遠の修行者羅漢様にあやかり羅漢会としました。
自由な空想の羽に乗って白雲の彼方の高い山にあるという羅漢様の国に行くことを
願いながら
・・・・・・・・・・・・・・・


羅漢会お茶会の様子
毎月第三日曜日に駿府公園内の紅葉山庭園でお茶会を開くお茶を愛する男達の会です。
どうぞお気軽にお茶を飲みに来てください。時にはお酒も出ます。
羅漢会茶会の予定は稽古日程のページに載っています。


2004年11月21日(日)吉沢 三義 先生
待合床 お床 お花 香合 お席 棗 お釜 水指
待合床お床 お花香合 お席 お釜水指


2004年10月17日(日)粟野 淳
 大勢のお客様に来て頂き、無事に終えることが出来ました。有り難うございました。
 風炉釜の写真は前日に藁灰を並べ終えた時に撮ったものです。
 お花は自宅で咲いていた「霜柱」と「紀伊上臈杜鵑」、日本平に自生していた「高野箒」です。
受付 待合 待合 路地 お床 お花 お席 風炉釜
受付待合 待合路地 お床お花 お席風炉釜

2004年9月19日(日)横山 佳紀 先生
お床 お軸 お花 香合 脇飾 お菓子 お点前 お道具
お床お軸 お花香合 脇飾お菓子 お点前お道具

2004年7月18日(日)保崎 昭彦 先生
受付床 待合床 待合席 お床 お花 香合 お席 お道具
受付床待合床 待合席お床 お花香合 お席お道具

2004年6月20日(日)黒石 俊治 先生
待合床 お床 お花 香合 お菓子 お点前 お点前 お道具
待合床お床 お花香合 お菓子お点前 お点前お道具

2004年5月16日(日)桑山 功 先生
待合床 点心 お床 お花 香合 お菓子 お点前 蓋置
待合床点心 お床お花 香合お菓子 お点前蓋置

2004年4月18日(日)酒井 正巳 先生
待合床 点心 お床 お花 香合 お菓子 お点前 お釜
待合床点心 お床お花 香合お菓子 お点前お釜

2004年3月21日(日)村松 行俊 先生
待合席床 汲出 箏曲 お床 お花 お釜 お道具 拝見
待合席床汲出 箏曲お床 お花お釜 お道具拝見

2004年2月15日(日)葉桐 清一郎(平成の売茶翁) (株)葉桐
待合席床 待合席 お床 お花 御茶山 お点前 お点前 お席
待合席床待合席 お床お花 お茶山お点前 お点前お席


2004年度 2003年度 2002年度 2001年度 2000年度

雅寿庵掲示板 私の近況報告 懸釜の予定 稽古風景 華展の様子 待月会茶会 その他茶会 羅漢会の紹介
雅寿庵の灰 教授の紹介 自宅地図 送信フォーム わが家の動物 わが家の植物 お気に入り

トップページへ戻る
トップページへ戻る(フレーム解除)